西伊豆田子でダイビング中に見れた生物を画像、生態の事などを詳しくお伝えしていきます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
田子でダイビング!「ニシキウミウシ」って?
2008-01-25 Fri 16:52
~イロウミウシ科~
ニシキウミウシ
漢字名 錦海牛
英名 不明
ニシキウミウシ全身

分布  伊豆周辺~西インド洋
体長10cm
生態 潮通しの良い岩場や砂地で見ることが出来ます。餌は主にクロイソカイメン。
ニシキウミウシ

撮影場所 モンキービーチ 水深18m
撮影者 GON

伊豆半島では全域で見ることが出来ます。
田子では沖ノ島での目撃例が多いですね。
とても派手で大きなウミウシです。
このような大型種は背中にウミウシカクレエビが付いている事もあるので、
見かけたら、全身くまなくチェックしてみましょう!
但し、触ってしまうと身体を硬くして転がってしまうので注意!

カラーバリエーションの多い個体で、
伊豆では3種類に細分されています。
写真はもっとも良く見られる種類です。

千葉県浦安市のダイビングショップ・トゥルーノース★
ダイビング、サーフィン、イルカ(・~・)
地球とまるごと遊びます★
〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-3-37
TEL/FAX 047-304-8915
スポンサーサイト
別窓 | ウミウシ | top↑
田子でダイビング!「サビハゼ」って?
2008-01-16 Wed 21:23
~ハゼ科・サビハゼ属~
サビハゼ
漢字:錆鯊
英名:Gobie
分布:青森県~九州。沿海州、朝鮮半島南岸、済州島。
体長:約10cm
形態:下あごにある多数のひげがあるのが特徴
生態:内湾や沿岸の砂地に生息します
食味:てんぷらにすると以外にうまいと情報が・・・
PB2600052.jpg
撮影場所:西伊豆田子・瀬浜 水深3m
撮影者:STAFF阪本(Q)

このサビハゼについてSTAFF阪本(Q)がお伝えいたします。
2月半ば~4月前半ぐらいまでが繁殖期。
オス同士の争いや求愛、卵を守るオスの姿などがこれから目撃できるかも。
オス同士の縄張りを争いは、横に並んでひれを大きく広げ体長を比べます。
少しでも大きく見せようと必死な姿が愛らしいですね。
そして『な~んか文句あんのかよ~』byジャイ○ン
という感じで闘争を繰り広げます。
そして肝心な卵は大きい石の下の砂を掘って、石の裏側に棍棒型の卵が産み付けられます。
最初は肌色ですが、成長とともに銀色になります。
細長くなってきたらそろそろ産卵です。
岩をひっくり返しても戻さないとサビハゼの卵があったらかわいそうなので戻しましょうね!
棍棒型の卵は約2週間でハッチアウトする感じです。
運がよければ見れるかも。

そして何と言っても可愛いのは特徴的なヒゲです。
あれはちゃんとエサを識別するためについてるんですよ~。
そして砂地ならほぼ100%いるところが可愛すぎですね。
ぼくも田子の瀬浜でこいつを見ないととても不安になります。
浅いところなのでビギナーでもほぼ確実に見れますよ~。
水底を荒らさないように中性浮力の練習も出来ますね~。

そして彼は実は・・・
幼魚の時は中性浮力を取り、中層を泳いでいます。
それは夏らへんに見れるのでまだ先のお話し・・・

魚の生態もカメラに写真で残すとすごい楽しいですよ~。
冬は透明度がいいので小さなものから大きなものまでナイスナイスショットできますよ~。

これから求愛が始まるので楽しみですね~。
皆さんも身近な生物から詳しくなると見かたが変わって面白いですよ~。

それではでは。。。

千葉県浦安市のダイビングショップ・トゥルーノース★
ダイビング、サーフィン、イルカ(・~・)
地球とまるごと遊びます★
〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-3-37
TEL/FAX 047-304-8915

別窓 | スズキ目 | コメント:0 | top↑
田子でダイビング!「ハナタツ」って?
2008-01-12 Sat 18:32
~ヨウジウオ科・タツノオトシゴ属~
ハナタツ
漢字:花辰
英名:Dhiho's seahorse
分布:北西太平洋:日本。本州中部~九州
体長:約8cm
食味:??

10025186988_ss.jpg
撮影場所:田子/沖ノ島 
22m洞穴入り口付近のソフトコーラルで休憩中を激写(by GON)



HANAがご紹介しますマクロ派アイドル1号はこのハナタツちゃん★
かわいらしいそのネーミングもさることながら、
細い尾ひれでソフトコーラルに巻きつき、カラダの色を擬態させ、波に揺られて漂う姿が
とってもキュート★
泳ぎはとても下手っぴなので、移動は流れにまかせて藻を飛び交うくらい。
潮流を避け、穴の中や根の影で小さな甲殻類プランクトンを食べて暮らしています。

お腹が丸く膨れているのがメスで、そうでない物はオス。

タツノオトシゴとの見分け方が難しいのですが、
タツノオトシゴよりもよりも頭が突き出ていなく、吻(くちばし)も短め。
また体に皮弁をもつものが多いです。
赤、白、オレンジ、赤茶などなどお色も様々で美しい・・
伊豆で見られるのはほとんどがハナタツ、タツノオトシゴは珍しいらしいですが、
ハナタツを見つけた際は写真に撮って、じーっくり観察してみてくださいね★(*^^)v





別窓 | トゲウオ目 | コメント:0 | top↑
| 【西伊豆】田子ダイビングの生物情報 |

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。