西伊豆田子でダイビング中に見れた生物を画像、生態の事などを詳しくお伝えしていきます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
田子でダイビング!「サビハゼ」って?
2008-01-16 Wed 21:23
~ハゼ科・サビハゼ属~
サビハゼ
漢字:錆鯊
英名:Gobie
分布:青森県~九州。沿海州、朝鮮半島南岸、済州島。
体長:約10cm
形態:下あごにある多数のひげがあるのが特徴
生態:内湾や沿岸の砂地に生息します
食味:てんぷらにすると以外にうまいと情報が・・・
PB2600052.jpg
撮影場所:西伊豆田子・瀬浜 水深3m
撮影者:STAFF阪本(Q)

このサビハゼについてSTAFF阪本(Q)がお伝えいたします。
2月半ば~4月前半ぐらいまでが繁殖期。
オス同士の争いや求愛、卵を守るオスの姿などがこれから目撃できるかも。
オス同士の縄張りを争いは、横に並んでひれを大きく広げ体長を比べます。
少しでも大きく見せようと必死な姿が愛らしいですね。
そして『な~んか文句あんのかよ~』byジャイ○ン
という感じで闘争を繰り広げます。
そして肝心な卵は大きい石の下の砂を掘って、石の裏側に棍棒型の卵が産み付けられます。
最初は肌色ですが、成長とともに銀色になります。
細長くなってきたらそろそろ産卵です。
岩をひっくり返しても戻さないとサビハゼの卵があったらかわいそうなので戻しましょうね!
棍棒型の卵は約2週間でハッチアウトする感じです。
運がよければ見れるかも。

そして何と言っても可愛いのは特徴的なヒゲです。
あれはちゃんとエサを識別するためについてるんですよ~。
そして砂地ならほぼ100%いるところが可愛すぎですね。
ぼくも田子の瀬浜でこいつを見ないととても不安になります。
浅いところなのでビギナーでもほぼ確実に見れますよ~。
水底を荒らさないように中性浮力の練習も出来ますね~。

そして彼は実は・・・
幼魚の時は中性浮力を取り、中層を泳いでいます。
それは夏らへんに見れるのでまだ先のお話し・・・

魚の生態もカメラに写真で残すとすごい楽しいですよ~。
冬は透明度がいいので小さなものから大きなものまでナイスナイスショットできますよ~。

これから求愛が始まるので楽しみですね~。
皆さんも身近な生物から詳しくなると見かたが変わって面白いですよ~。

それではでは。。。

千葉県浦安市のダイビングショップ・トゥルーノース★
ダイビング、サーフィン、イルカ(・~・)
地球とまるごと遊びます★
〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-3-37
TEL/FAX 047-304-8915

スポンサーサイト
別窓 | スズキ目 | コメント:0 | top↑
| 【西伊豆】田子ダイビングの生物情報 |

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。