西伊豆田子でダイビング中に見れた生物を画像、生態の事などを詳しくお伝えしていきます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
田子でダイビング!「セミホウボウ」って?
2008-02-23 Sat 19:37
セミホウボウ科

セミホウボウ

和名 蝉魴鮄

英名 Oriental flying gurnard
   (Oriental = 東洋人 flying = 飛ぶ gurnard = ホウボウ)
セミホウボウ

撮影地 田子 瀬浜
撮影者&解説 GON

分布 
中部日本以南、インド洋・西太平洋・ハワイ諸島・東アフリカ・オーストラリア北部に分布する。河口、沿岸の砂泥底の水深200m以浅に生息する。

体長 40cm(最大)上写真は20cmほど

特徴
最大の特徴はその大きな胸鰭で、後端は尾鰭にまで達します。
ダイバーや捕食者に会うと水平に大きく広げて、捕食者に対する威嚇をします。
フラッシングとも言われる行為で、これにより捕食者は自分より大きな魚が現れたと思い退散していくのです。
胸鰭は開いたまま泳ぐこともでき、その姿は水中を滑空しているようで、
英名で「東洋の飛ぶホウボウ」という名が付いている。更に早く泳ぐ時は、胸鰭を畳む。

頭部は骨板に覆われている。後頭部にはアンテナのように長い頸棘があり、胸鰭を開くと同時に立てられる。

胸鰭の一部を足のように動かす事ができ、砂を掘って甲殻類などを探し捕食します。

田子の瀬浜では結構ポピュラーな魚で、「サウスポー」という愛称の右の鰭が無い個体が、
2006~2007年の間にしばらく観察されていました。
通年を通して、砂地か、砂地とゴロタ石の間あたりに、出没します。

あまり人馴れはせず、写真を撮る場合などは、最初の一枚が肝心です。
一度逃げ出すと、追いつくのは大変です。意外と泳ぐの速い。

とてもキレイな魚なんで、見つけたらみんなでそ~っとじっくり観察しましょうね。
一応、食用としても用いられるみたいですが、あまり美味しくないそうです・・・・・・

千葉県浦安市のダイビングショップ・トゥルーノース★
ダイビング、サーフィン、イルカ(・~・)
地球とまるごと遊びます★
〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-3-37
TEL/FAX 047-304-8915
スポンサーサイト
別窓 | カサゴ目 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
| 【西伊豆】田子ダイビングの生物情報 |

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。