西伊豆田子でダイビング中に見れた生物を画像、生態の事などを詳しくお伝えしていきます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
田子でダイビング!「キイロイボウミウシ」って・・・?
2009-06-04 Thu 17:15
キイロイボウミウシ
キイロ
和名:キイロイボウミウシ
裸鰓目>イボウミウシ科>タテヒダウミウシ属
学名:Phyllidia ocellata
英名:Ocellate Phyllidia
漢字名:黄色疣海牛



体長:~5㎝
生息地:潮通しの良い岩礁に生息
     房総半島以南の西部大西洋、インド洋に分布
     伊豆半島では、南に下ると数多く見られる



撮影:STAFF
撮影場所:田子
解説:えみか



体は、楕円の形をしています。
体全体は、黄色又は、橙黄色(とうこうしょく)をしていて、
背面全体に白い瘤状(こぶじょう)の突起があります。
背面の両側に2・3個の大きな黒斑があり、その中の突起も白色です
触覚は、橙黄色をしています。


背面の黒斑や突起は、個体によって
形が異なるので、海で見かけた時は、比べてみると面白いかもしれませんね



キイロイボウミウシの学名のocellataは、
「眼球状の斑点がある」という意味の単語
ocellateに由来しています



キイロイボウミウシは、カイメンを主食にしています
カイメンは、多細胞生物でスポンジの材料にもなっているんですよ



キイロイボウミウシは、イボウミウシの中でポピュラーな種で、
伊豆の海でよく見られるそうです



キイロイボウミウシを撮る時は、
触らないであげてくださいね
触ると、硬くなってしまいます



皆さんも、ぜひ、キイロイボウミウシを見に、
田子の海に行きませんか










スポンサーサイト
別窓 | ウミウシ | top↑
| 【西伊豆】田子ダイビングの生物情報 |

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。