西伊豆田子でダイビング中に見れた生物を画像、生態の事などを詳しくお伝えしていきます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
田子でダイビング!「ミノカサゴ」って…?
2008-04-24 Thu 19:34
ミノカサゴ
mino.jpg

学名: Pterois lunulata
英名: Firefish (Fira = 火)
     Lionfish (Lion = ライオン)
漢字名: 蓑笠子
地方名: ヒョウタンウオ(富山)
      マテ(三重)
      オコゼ(和歌山)
      ヤマノカミオコジ(愛媛)
      キミオコゼ(高知)

mino2.jpg

分布:北海道南部以南、インド洋・太平洋に分布する。浅海の岩礁域や砂泥底に生息する。
全長:30cm
撮影者:GON
解説:千枝


『ミノカサゴ』の背鰭と胸鰭は大変長く、鰭膜は深く切れ込んでいるのが特徴!
若魚の体色は淡い紅色に黒色の横帯があるが、成長するに従って全体的に淡くなるので判断が出来ると思います★
背鰭、腹鰭、尻鰭の棘には毒腺があり、強い毒をもっているので…決して触らないようにしましょう!!

和名の由来は胸鰭や背鰭を広げた様子が、蓑を着ているように見えるところから来ているらしい!!
蓑とは昔の雨具で、萱草で編んだ合羽のことをいうそうですよ!!

『ミノカサゴ』は実は…食べられるんです!!
でも水中で優雅に泳ぐ美しい姿を見ると食べるのはもったいない気持ちになっちゃいますね!!

田子の瀬浜にもずっと住み続けている『ミノカサゴ』がいるんです★
ダイバーと一緒にゆっくり泳いでくれることも!!
この写真の『ミノカサゴ』が田子にずっと住んでいるミノカサゴです★

綺麗な奴には棘がある…ていいますけど、本当なんですね!!

写真の被写体としてもピッタリな『ミノカサゴ』!!
初心者の方もぜひチャレンジ★


スポンサーサイト
別窓 | カサゴ目 | top↑
| 【西伊豆】田子ダイビングの生物情報 |

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。