西伊豆田子でダイビング中に見れた生物を画像、生態の事などを詳しくお伝えしていきます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
田子でダイビング「ヨメヒメジ」って…?
2008-05-30 Fri 17:41
ヨメヒメジ
ヒメジ②
学名: Upeneus tragula
英名: Blackstriped goatfish (Blackstriped = 黒い筋の goat = ヤギ)
    Freckled goatfish (Freckl = そばかす)
    Bar-tailed goatfish (Bar-tail = 線のある尻尾)
    Redmullet (Red = 赤い mullet = ボラ)
漢字名:嫁非売知
地方名: トラヒメジ、メンヒメチ(和歌山県田辺)
     オカヒメイチ(高知県柏島)
     クメイチ(高知県須崎)
     タカスギ(鹿児島)

ヒメジ② (1)

生息:東京以南、南日本、インド洋、太平洋域に分布しており、沿岸の岩礁域、サンゴ礁域の砂底や砂礫底に多く生息している。
体長:30cm
撮影:千枝(モンキービーチにて)
解説:千枝

『ヨメヒメジ』は砂地でよく見かけることの出来る魚です。
体は黄褐色で腹部は淡い色をしており、体を横切る黒い筋(線)があります。更に細かいそばかすの様な斑点があるのが『ヨメヒメジ』の特徴です。

そしてヒメジの特徴は、ヒゲです!!
このヒゲは水底の砂を掘りあげて、餌を見つけています。
ヒゲをこまめに動かしながら一生懸命に探している様子を見ることが出来ると思います★

驚くことに、人間の舌と同じように味を感じる器官が発達しているのです!!
『ヨメヒメジ』が食べている餌はどんな味がするのでしょうか…。
面白い特徴をもった魚ですね~♪

『ヨメヒメジ』は基本的に夜行性です★
昼にも多く見ることは出来ますが、夜になると底生動物を髭で探りながら食べる姿を頻繁に見ることが出来ます!!ナイトダイビングでヨメヒメジたちの食事をチェックしてみましょう★

産卵期は7月!これからのシーズンペアでいる姿を観察出来るでしょう★

田子の海でもヒメジの仲間をたくさん見つけることが出来ます。
今回はモンキービーチの水深5mほどのところで撮影しました!
伊豆の各地で出会える『ヨメヒメジ』をぜひ見つけて観察してみてくださいね!!

スキューバダイビングドルフィンスイム
トゥルーノースへお任せ下さい!!
千葉県浦安市ダイビングショップ&スクール  【トゥルーノース

●お気軽にお問い合わせください●
千葉県浦安市猫実5-3-37
Tel/Fax 047-304-8915
E-mail true.north@nifty.com

田子ダイビングクラブハウスはこちらから

TN携帯HP用


スポンサーサイト
別窓 | スズキ目 | top↑
| 【西伊豆】田子ダイビングの生物情報 |

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。