西伊豆田子でダイビング中に見れた生物を画像、生態の事などを詳しくお伝えしていきます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
田子でダイビング「キンセイイシモチ」って・・・?!
2008-11-13 Thu 16:27
キンセイイシモチ
キンセンイシモチ?
英名:Goldstriped cardinalfish (Goldstriped=金色の線 cardinal=深紅色の)
学名:Apogon properuptus
漢字名:金線石持

スズキ目  テングダイ科

体長:6cm
生息:田子・千葉県以南・インド・西太平洋域


撮影者:GON
場所:田子
解説:NATSUKI

体色は黄色地で白色のたてじまが5本入っています。
このお魚はオスがとてもがんばりやさんで
究極のダイエッター!!!!
メスが出産するとオスがその卵を口に含んで
口の中で8日間も育てます。
その間オスは餌を一切食べません!!!!!
しかも1回に産む卵の数は6千~2万個!!
オスはそれだけの卵を口の中で育てています。
c0018489_027363.jpg

口を開けているのは新鮮な海水が当たるようにするため!
おなかが空いてちょこっと卵を食べちゃうことはないの!?
っと思ったことはありませんか?
だいじょうぶなんです!!
卵は粘性の糸で繋がって一塊になっているので飲み込むことはないんです!!!


このような魚をマウスブリーダー(口内保育魚)といいます。
口の中で卵を育てれば外敵に食べられることもなく、仔魚になってからも
周辺に危険がせまると口の中に隠れることで捕食される確率がなくなります。

マウスブルーダーには、大きく分けて、

親魚が産卵された卵を口の中に入れ、口内で卵が孵化する種
メスは水中のものに産卵するが、孵化した仔魚が親の口の中で育てられる種
などがいます。

口を使って育てる親は、
オスとメス両方の口内で区別なく育てる種
オスメスどちらかの口内で育てる種
オスメスの口内を交互に、あるいは時期を変えて移動する種
などがいます。

6月~7月が産卵のピーク時なので
ぜひぜひ田子に見に行ってみてください!!


************ True North ***************
千葉県浦安市のダイビングショップ トゥルーノース
あらゆる海との遊びをご案内します!
スキューバダイビング
サーフィン・ボディーボード
イルカと泳ぐ
西伊豆田子ダイビング

お気軽にお問い合わせ下さい。
Tel:047-304-8915
Fax:047-304-8914
千葉県浦安市猫実5-3-35 BNTハウス1F
モバイルサイト: トゥルーノースでダイビング
********************************



スポンサーサイト
別窓 | スズキ目 | top↑
| 【西伊豆】田子ダイビングの生物情報 |

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。