西伊豆田子でダイビング中に見れた生物を画像、生態の事などを詳しくお伝えしていきます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
田子でダイビング「ウシエイ」って…?
2008-05-23 Fri 13:49
ウシエイ
PC270027_20080523135618.jpg

田子でダイビング「ウシエイ」って…?…の続きを読む
別窓 | サメ・エイ | top↑
田子でダイビング!「カスザメ」って?
2008-03-30 Sun 18:47
カスザメ目・カスザメ科

カスザメ

漢字名 糟鮫
英名 Japanese angelshark
カスザメ

撮影地 田子 瀬浜

撮影者・解説 GON

分布 北海道以南の日本各地。東シナ海。水深100m前後の砂泥底に住んでいます。
 
体長 2~2、5m程になります。写真の個体も1、5m程でした。

特徴
体は上下に著しく扁平で、大きな胸鰭は横に張り出し、エイと見分けが殆どつかない。
カスザメの体型は生活と密接に関わっています。平たい体は速く泳ぐには適していないのですが、
身を隠すには都合が良く、多くのエイやカレイのように、カスザメは平たい体を生かして海底の砂に潜りこみ、大型の捕食者をやり過ごしたり、獲物を待ち伏せたりします。
さらに背側は周囲の海底に溶け込むように、ベージュか灰色の地に黒い斑点が散りばめられた砂地模様になっています。
また口の位置が他のサメと異なり、体の下ではなく前面に開く。これは砂に潜ったまま、頭上を通る獲物を捕らえることができるからです。
カスザメの口は財布のガマ口のように大きく開くことができ、射程距離内に入った獲物を海水ごと吸引して丸呑みにしてしまいます。歯は鋭く尖り、くわえた獲物を逃さないようになっています。

カスザメは昼間はこのような待ち伏せで狩りを行うが、
本来は夜行性なので夜になると餌を求めて活発に動き回します。餌は魚や甲殻類、軟体類である。


コメント
体系を見ても、一瞬エイと思ってしまうほどのエイに近いサメです。
まあ、大きく分けるとエイもサメの仲間なのですが、調度際どい種類ということで・・・・・・・・
至って無害なサメですが、口も身体も大きく反撃されるといたそうなので、
見かけても触らないようにしましょうね。
じっと動かない魚なので、写真を撮るには良い被写体です。

たまに市場に出るそうで、鰭は煮つけで。身は湯引きして酢味噌で。
から揚げやフライにしても美味しいそうです。

○ O O o 。。。*○ O 0 o 。。。 ○ O O o 。。。*○ O 0 o 。。。
ダイビング・イルカ・サーフィン・シーカヤック
地球まるごと遊ぶ!

〇浦安店〇                     
〒279‐0004  千葉県浦安市猫実5-3-37   
Tel/Fax 047-304-8915 
〇西伊豆田子クラブハウス店〇           
〒413-3513 静岡県賀茂郡西伊豆町田子2388-5
Tel/Fax 0558-53-1181

お気軽にお問い合わせください★ *メール*
千葉県浦安市 ダイビングショップ&スクール
【True North】HP
*。。。o o O O*。。。o o 0 O*。。。o o 0 O
別窓 | サメ・エイ | top↑
BACK | 【西伊豆】田子ダイビングの生物情報 |

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。